算数検定

TEL.042-642-6815

算数検定

18/02/20

算数検定・3

数字をきちんと書く習慣は大切です。小学生高学年や中学生になったとき,乱雑に書くために数字を間違って認識してしまうことがあります。この傾向は男の子によく見られます。「0と6」や「2と5」など書いた本人でさえ見間違ってしまうことがあります。算数検定では数字の書き方までは問われませんが,学ぶ段階でノートにしっかりと数字を記していけばそれだけでも意義があります。数字に親しんでいきながら学ぶことが出来て,ひとつの目標を達成することの喜びを幼い頃から感じられるのは大切なことです。検定試験の楽しみは「飛び級」があることです。小学4年生で5年生相当の7級を取得することが可能です。目標を一段高く持つことも,算数・数学への興味の持ち方が変わっていくことでしょう。

18/02/13

算数検定・2

算数検定12級では10までの数に関する問題や,同じ形を見つける問題があります。数字を覚えるというよりも,数の認識が問われます。例えばみかんの絵があり,その数と同じだけ○を書く問題とか,こどもが並んでいる絵を見ながら,前から5番目のひとに○を付けるなどです。中にはシーソーにクマと犬とウサギのぬいぐるみが載せてある問題があります。クマとウサギではクマが下でウサギが持ち上げられている状態の絵があります。もうひとつの絵は犬とウサギで,こちらはウサギが下になっています。それを見て,一番重い動物のぬいぐるみに○を付けるといった問題です。就学する前の子どもにも分かりやすく工夫がされています。算数検定12級では,数字という概念を持ち込まずに数を視覚的に考えさせるのがユニークです。数字という「文字」はもうひとつ上の級で出てきます。(つづく)

18/02/08

算数検定・1

漢字検定の認知度は高いと思います。漢検といった方が通りがいいでしょうか。正しくは「日本漢字能力検定」といい,10級から1級まであります。1級と2級には「準」があるので,全部で12段階があります。10級は小学一年生終了程度で,社会人としては2級もしくは準2級程度が欲しいところでしょう。級が上がると単に漢字の読み書きだけではなく,部首や四字熟語に関する知識が必要になります。
ところで算数・数学検定はご存じでしょうか?歴史的には漢字検定と同じ1992年から認定が開始されています。11級から始まり1級まであります。漢検同様,準1級と準2級があり,さらに11級よりも前に「ゴールドスター,シルバースター」という幼児向けの検定があるので,全部で15段階となります。12級から6級までが「算数検定」で5級以上が「数学検定」となります。11級が小学一年生程度で,12級は「かず・かたち検定」と呼ばれ,三角形や四角形の区別や10までの数を問う問題があります。(つづく)