二学期

18/09/01(土)

新学期が始まりました。始まりが土曜日なので,また明日が休みだったり,土曜日が休みの学校ならば夏休みの延長線上にいることでしょう。他の休みと比べると,長期間の休みだけに生活のリズムを取り戻すのに時間が掛かる子供もいることでしょう。中学生男子の場合,夏の間に驚くほど背が伸びる子もいます。母親よりも大きくなる子供が何人もいることでしょう。

8月31日の宿題

18/08/31(金)

8月31日は夏休み最後の日。夏休みの宿題に追われている小中学生も居ることでしょう。夏休みの宿題の量は,学校の先生の裁量によるものです。小学生の場合,主に担任の先生が宿題を決めるので,全教科での配慮は出来るでしょう。中学生の場合は教科ごとの先生が宿題を出す場合,他教科とのバランスを考慮しないようだと,生徒にかなりの負担になりかねません。
夏休みの意義と宿題の狙いを考えれば,それなりの塩梅というものがあると思います。残りわずかな夏休み。ラストスパートを掛けていませんか?

変換率と治安

18/08/30(木)

出勤するときに,八王子駅前のマルベリーブリッジで財布の落とし物を発見しました。拾って交番に届けたいところでしたが,教室を開けないと生徒を待たせることになるので素通りしました。他の善意ある人に拾われることを祈りつつ。実際,届け出たとしてすぐに済めばいいのですが,住所や名前など聞かれたら,始業時間に間に合わない可能性がありました。
日本は安全な国と言われます。財布の落とし物の場合,変換率は6割を超えるようです。日本の治安の良さを感じる数字です。

落雷

18/08/27(月)

夜になって急に雨が降ってきました。ゲリラ雷雨と言うほどではなく,雷が鳴り始めたかと思ったら夜の雨が降り始めました。ネットで雲の動きを見ると,山梨方面から八王子に向かう雨雲の映像に,やがて雨がもっと激しくなるな,と思いました。結果的に雨はそれほど激しく降りませんでした。
その後,都心では短時間に大量の雨が降ったとのニュース。最近は八王子よりも都心の方が,過激な天候が多いように感じます。

日曜日

18/08/26(日)

ふだん,日曜日は休講日となっているのですが,講習中はその限りでありません。講習のサイクルは4日授業をして1日休み。そのため日曜日が休みでない日が何回かあるのです。春期講習や冬期講習は短い期間なので,曜日をそれほど意識しないうちに終わってしまいますが,夏の講習は長いので勝手が違います。曜日感覚がずれてしまうのです。もっとも,それもあとわずか。いつもの生活時間帯の方が過ごしやすいのは言うまでもありません。

力持ちの父親

18/08/25(土)

夏休み中のこの時期,電車でふだんと違い目立つのは親子連れが多いことでしょう。小さな子供の場合,窓の外を見たくなるのはいつの世も同じ。座席に座れればいいのですが,そうでないときは親に抱っこされて外を見ています。小さな子供といえど,体重は10kgを越えているので,ずっと抱きかかえているお父さんやお母さんは大変そうです。疲れて下ろそうとすれば駄々をこね騒がしくなります。大きな声を出せば抱っこしてくれることを子供は知っているのでしょう。したたかです。
今朝見た親子連れは父親と息子。比較的大人しく抱きかかえられていました。おおよそ20分の間,平然と子供を抱っこしながら会話を続けた父親を横目に見て,何か力仕事でもしているのかしらと思いました。

焼きそば

18/08/22(水)

昨日同様,今日も日差しが強く真夏の暑さが復活したようです。昼食を買いに外に出ると,思わず日陰を探して歩くほど。コンビニエンスストアで弁当を買うときに,ついつい冷たいものに手が伸びがちなのですが,胃に優しい食べ物をと思い結局野菜多めの焼きそばにしました。これだけ暑いのに,手紙を書くときの季節の挨拶は「残暑お見舞い」に矛盾を感じてしまいます。

ぶり返し

18/08/21(火)

一昨日までは少し涼しくなってきて,天気予報でも「上空は秋の空のようです」と言っていたのも束の間,今日は暑さがぶり返してきました。日中に外に出ると,また盛夏のあのまとわりつくような空気が襲ってきました。適度な暑さならいいのでしょうが,湿度の高い暑さはやはり体にこたえるようです。どんなに暑くても着ぐるみでこども達を楽しませる姿を見ると,大変な仕事だなあ,と思う以上に中の人の健康は大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。

天気とテレビ中継

18/08/20(月)

八王子は東京の中でも特に気候が他と違うことが多いようです。夏は暑く冬寒い。温暖さが多摩地区の中でも激しい方でしょう。八王子の地形からすると,それも仕方ないことなのかも知れません。猛暑の日や台風が来る時期,あるいは雪が降り始めたりすると,テレビ各局がその都度JR八王子駅北口のマルベリーブリッジから中継しています。あるいは街中からの中継もよく目にします。先日もゲリラ豪雨に襲われて,慌てて雨宿りをするため,コンビニエンスストアに駆け込む高校生の姿が映し出されました。

いわゆる生活圏としている日常の風景が,テレビの画面を通して見るなんとも言えない違和感はどういうものなのでしょうか。中継された場所をほんの数時間前に通っていたりすることもあります。今年の夏は特に台風の発生が多いようで,この先もまた見慣れた風景からの中継がありそうです。

18/08/16(木)
夏休みの宿題・3

夏休みの宿題の定番のひとつに読書感想文があります。課題図書が与えられている場合はその中から選べばいいのでやりやすいでしょう。もっとも読みたいと思う本がない場合は困るかも知れません。特にふだんから本を読んでいるこどもなら,もっと別に読みたい本がたくさんあるのに,と思うかも知れません。その観点からすると,読書を習慣としていないこどもの方が救われるでしょう。

ところが課題図書が与えられていない場合は立場が逆転します。読書習慣のないこどもは読む本を決める段階で悩んでしまうでしょう。本は出会いとも言われます。せっかく出された宿題をいやいややるよりも,読む習慣のないこどもに良い出会いをさせてあげたいものです。けれどもお父さんやお母さんが「この本面白いから」と勧めてはいけません。それは出会いではなく押しつけになってしまうからです。自分で探し求めることが大切なのです。

18/08/13(月)
夏休みの宿題・2

夏休みの宿題の中でも,自由研究に困っているこどもは多いと思います。多くの小学生や中学生は教わることになれていても,自ら考えて発想することが苦手だからです。0から出発することは得意としないのです。先生から題材を与えられれば行動できるのですが,何のヒントもないとなかなか動き出せないわが子を見てヤキモキしているお父さん・お母さんも居ることでしょう。親があてがってしまえば,それはこどもの成長の要素をひとつ摘むことになります。

とは言うものの,何か切っ掛けが欲しいものです。NHKでは去年の夏から「自由研究55」という25分ほどの番組を放送しています。この中では身近なものを使って,たくさん集めたり条件を変えて調べたりしています。100円玉の正確な重さや厚み,使い終わったトイレットペーパーの芯をテーブルの上に落とし『偶然』立つのは,どのくらいの高さから落としたときか。豚汁が味噌汁より冷めにくいのはどんなことが原因なのか。試すのが比較的簡単な題材ばかりです。工作もあるので,もの作りとしても参考になります。放送は終わってしまったけれども,検索すればポイント解説してあるサイトもあります。

 

18/08/10(金)
夏休みの宿題・1

お子さんの夏休みの宿題の進み具合はいかがでしょうか?小学生にも中学生にも夏休みは宿題は出されることでしょう。計画的にやれずに夏休み最終日に慌ててやったりしないでしょうか。休みの日がたくさんあるので,そのうちいつか,などと思っているとあっという間に残りの日数が少なくなってしまうものです。やきもきするのは親ばかり,そんなことはありませんか。

自宅ではなかなか出来なさそうなので,塾に来て宿題をやっている生徒も居ます。中には宿題のスケジュールを一緒に考えることもあります。大事なことは折角出される宿題なので,それを有効に消化していくことでしょう。友達の答えを写したり,お父さんに手伝って貰ったりでは,勉強する機会をなくしてしまいます。学校の先生も狙いがあって宿題を出しているはずです。ノルマとしていやいややるのではなく,自分のためと思ってやる方が実になるはずです。

んあるので,そのうちいつか,などと思っているとあっという間に残りの日数が少なくなってしまうものです。やきもきするのは親ばかり,そんなことはありませんか。

自宅ではなかなか出来なさそうなので,塾に来て宿題をやっている生徒も居ます。中には宿題のスケジュールを一緒に考えることもあります。大事なことは折角出される宿題なので,それを有効に消化していくことでしょう。友達の答えを写したり,お父さんに手伝って貰ったりでは,勉強する機会をなくしてしまいます。学校の先生も狙いがあって宿題を出しているはずです。ノルマとしていやいややるのではなく,自分のためと思ってやる方が実になるはずです。

18/08/07(火)
ゲリラ豪雨

昨日の八王子はゲリラ豪雨に見舞われたようです。「ようです」と書いたのは,実際その場に居合わせなかったから。仕事場から離れた自宅ではほとんど雨も降らずにいたので,テレビの画面の中がふだん過ごしている場所とすぐに結びつかなかったのです。通勤路が膝下まで冠水したり,真夏に雹が降った映像がなんだか現実離れしているように感じました。
今のニュースは視聴者映像が多く取り入れられ,みんながカメラマン状態のようになりました。画質も良くなったものの,さすがにテレビ局のそれには遠く及ばず,暗い画面が多いようです。それでも何の画像も無いよりは説得力はあるようです。もっとも,その分想像力の低下に繋がっているのかも知れません。

18/08/05(日)
八王子祭り

八月最初の週末には毎年八王子祭りがあります。塾の教室は『祭りの中心地』から少し離れた場所にあるので,それほどにぎやかにはなりません。盆踊りで流れる曲や雑踏の声は授業をしていても気にならない程度。ただ,太鼓の音はその特性のせいか,かなりはっきりと聞こえてきます。けれどもリズム良く刻むその音は,むしろ心地よいものに感じます。

以前は繁華街に教室があった時期もあり,その頃は盆踊りの音楽がすぐそばで響き渡っていました。氷の彫刻が目の前で繰り広げられ,雑踏の音さえ煩わしかったことを思い出します。勉強をする環境は今は良くなったと言えるでしょう。

18/08/04(土)
算数検定・9級

算数検定・9級は小学3年生程度の問題です。こんな問題があります。
「10円玉1枚の重さは4.5g,100円玉1枚の重さは4.8g,500円玉1枚の重さは7gです。これについて,次の問題に単位をつけて答えましょう。(1) 100円玉1枚と10円玉1枚の重さの合計は何gですか。(2) 500円玉1枚の重さは,10円玉1枚の重さより何g重いですか」
(1)は10円玉も100円玉も小数第一位まで数値があるのに対して,(2)では500円玉1枚の重さが整数で表されている分だけ難しくなっています。筆算で引き算するときに,500円玉1枚の重さを7.0として小数点の位置を正しく書くことがポイントです。さらに「単位をつけて」という注文に最後まで注意が払えることも必要です。

18/08/02(木)
中学進学比率

小学生にとって,中学受験をするかしないかで勉強に対する姿勢は大きく変わります。中学受験をする場合,早ければ小学3年生から塾通いが始まります。そうなると,生活の中心は中学受験に関することが大きな割合を占めます。小学6年生ともなると,学校が終わるとすぐに塾に行くことになるでしょう。夏休みは朝から夜まで,10時間を越えることも決して珍しくありません。

一方,中学受験を考えない小学生は,日々の学校生活と習い事や家族との時間を持てます。過ごし方はそれぞれでしょうが,上手に時間を使えるのならそれもいいことでしょう。中学進学比率という言葉があります。これは「2月1日受験者数÷1都3県公立小学校卒業予定者数」で定義されたもので,首都圏のおおよその受験率と考えていいでしょう。2018年度のこの数値は13.7%なので,おおよそ7人に1人の割合で受験しています。1クラス30人なら約4人が受験します。この数字,多いとみるか少ないとみるか。