モラルのない大人

18/10/18(木)

八王子駅前のマルベリーブリッジにたくさんの人達がスマホ片手に居ました。腰掛けられる場所はほぼ『満席』状態で,手すりのある場所にも多人数居ました。子供よりも大人の姿が目立ち,中にはそれなりの年齢の人も居ました。階段を降り,銀行に寄ろうとしたら平然と階段に座りスマホに夢中でした。通り道に何のためらいもなく座り込む大人を一瞥して通り過ぎました。
仕事場に着きスタッフに彼らは何をしているのかと尋ねると「ポケモンをやっているのでしょう」とのこと。ゲームに熱心なのは構わないけれども,公共の場に堂々と座り込む大人の姿はいかがなものでしょう。

古くなった教科書・その2

18/10/17(水)

古くなった教科書は複数あるものは一冊残して廃棄します。一冊しかないものは取っておくこともありますが,国語や英語は同じ教科書に戻ることは稀なのでたいてい捨てることになります。中にはほとんど開いたことのない教科書や問題集があり,捨てるのが惜しい気がします。
教える先生の教材準備のことを考えても,もう少し同じ教科書を使い続けてもいいのではないでしょうか。国語や英語は文章が違えば当然教材も作り直しとなります。教務や雑務に追われている先生にとっては,新しい教材を手がけるのは大変でしょう。数学や物理のように,教科書が変わっても教えることにたいして変化がないものもあり,そのあたりのバランスは微妙です。

古くなった教科書・その1

18/10/12(金)

塾にはたくさんの教科書や問題集があります。商売道具なので必要なものではありますが,改訂されるサイクルが短く,すぐに古いものになってしまいます。教科書はおおよそ3年ごとに新しい版が出ます。新課程にならない限りほとんど変化はなく,いわゆるマイナーチェンジ的なことが多いのです。それゆえ古い教科書を使い続けてもそれほど遜色はないのです。けれども生徒が所有している教科書と異なると,ページが違ったりして何かと不便なのです。
(つづく)

体育の日

18/10/10(水)

ハッピーマンデー法により,月曜日に移動された祝日がいくつかあります。そのひとつが今日,10月10日にあった体育の日です。昭和の人間にとっては体育の日=10月10日というイメージが湧く人も多いことでしょう。運動会が行われるのがこの祝日の学校もありました。
ご存じの方も多いと思いますが,体育の日は前回の東京オリンピックが開催された日です。開会日をこの日に設定したのは,10月10日が晴れの特異日であるからだという説がありますが,実際は特異日ではないようです。ただ,比較的晴れになりやすい日ではあります。それに違わず,今年の10月10日も秋晴れの空となりました。

電車の遅延

18/10/03(水)

塾の講師は八王子市内在住の人もいますが,多くの先生方は電車を利用しています。電車で困ることのひとつに遅延があります。いわゆる不可抗力なので,乗客レベルで出来ることは別ルートを使うくらいでしょう。ただ,八王子に通じる中央線と京王線は迂回ルートがありますが,横浜線と八高線はかなり厳しいでしょう。横浜線の場合,橋本までたどり着けばまだ何とかなりますが,それ以降はどうにもなりません。八高線も拝島を越えたところでお手上げです。
もっとも,中央線も下り方面は高尾駅以外はどこにも迂回路がないような気がします。

地下道

18/09/29(土)

塾は八王子駅北口から甲州街道へ徒歩5分ほどの場所にあります。駅前の目抜き通りに面しているので,アクセスはしやすい方でしょう。さらに良いところは,地下道の出入り口が目の前にあることです。ビルの入り口から地下道までは3歩ほどの距離なので,よほどの雨でない限り傘がなくても八王子駅までは行くことが出来ます。
地下道は東急スクエアーやセレオまで繋がっているので,買い物や銀行に行くときにはかなり重宝しています。ここ数日のように雨の日が多いときは特に恩恵を感じます。ただ,京王線利用者には地下道が途中で途切れてしまい満足度はやや低いようです。

チャーミー

18/09/28(金)

今年は台風の『当たり年』のようです。また大型で強い台風が近づいています。天気概況によると,大型で非常に強い台風で厳重な警戒が必要とあります。安全な台風などないでしょうが,今回の台風もまた,危険性は高そうです。その台風は『チャーミー』という名前です。なんともかわいらしい名前です。
東アジア地域の太平洋で発生した台風に関しては,直接影響を受ける東アジアの14カ国が加盟する台風委員会が名前を決めているそうです。全部で140あり順番に割り当てていて,今回の台風は28番目のベトナム語で,花の名前から取ったようです。チャーミーが暴れないことを祈るばかりです。

文化祭

秋は文化祭の季節です。学校の年間行事の中でも大きいイベントで,生徒も先生も準備に追われていることでしょう。文化祭を楽しみにしている保護者も多いとは思いますが,結局のところ文化祭を行っている生徒自身が一番楽しんでいるのかも知れません。準備が大変で文句を言うこともあるでしょうが,勉強以外でクラスメイトとする作業は,後々の想い出になるものです。
祭りの後の寂しさの逆で,準備しているときの方が,わくわく感があり本番よりも楽しいかも知れません。

暑さ寒さも彼岸まで

18/09/26(水)

わずか一週間で気候ががらりと変わってしまったようです。7月や8月は上旬も下旬も同じような気候であるのに対して,9月は始まりと終わりがかなり異なります。昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますように,今年も秋の彼岸を境に暑い日が去って行ったようです。
暑いのと寒いのではどちらがいいか?人それぞれでしょうが,季節が巡ることを実感できるのがやはり日本の良いところではないでしょうか。

キャラクターのイメージ

18/09/20(木)

八王子駅北口のマルベリーブリッジを歩いているときに,小さな女の子がカラオケ館のビルに掛かっているモニターを見て「ママの行っている歯医者さんだ」と叫んだ。まだ漢字が読めるような年齢でないその子は,その歯医者のキャラクターとなっている絵を見て,そこがいつも母親が行く歯医者だと分かったようです。瞬時にそうしたことに気づくのは,大人よりも子供の方が早いのかも知れません。